マリアールネイルアーティスト学院 

学院長ごあいさつ

マリアールはネイリスト協会設立時より認定校となっていますので、最短でネイル資格取得を叶え、るだけではなく、ネイルサロンの現場技術も学び、自分のお店を持ち成功するための夢を叶えるお手伝いができると思います。

木野まり
・株式会社マリアール
    代表取締役
JNA常任本部認定講師
・衛生管理指導員
・JESSICA
 マスターエデュケーター
・シャイニージェル
 エデュケーター

マリアール

ネイルアーティスト学院

この度はマリアールネイルアーティスト学院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 
当校は1985年、ネイルサロンが日本にほとんどなかった頃、札幌で最初のネイルサロンとして開店しました。
実際にサロンをオープンして感じたことは、アメリカで学んだ技術そのままでは日本人には馴染まないと思ったことです。
例えば、スカルプチュアネイルは幅の広がった下向きの形を好むアメリカ人と、自然でナチュラルな形を好む日本人。
当時は、私自身もアメリカで学んだため幅の広がったスカルプをしていましたが、ある日食事の席で一緒になった初対面の方に「大きい爪ですね」と言われ”ショック”でした。
キレイではなく大きい爪!!
スカルプはこう言うもので大きくなるのが仕方がないことだと当時の私は思っていました。
でも正直な気持ちでは、幅広い下向きの爪に自分自身でも違和感を感じていました。
私の爪は、形も悪くコンプレックスだったので、アメリカで見たスカルプチュアネイルの造形技術は驚きと感動でした。
「爪の上に何を乗せてこんなになるの?!」
「どうやって上手くやるの?」
それからは、もう好奇心が止まりませんでした。
そしてネイルの面白さに、ハマってしまいました。
 
知れば知るほどもっとこうしたらキレイに造形できるのではないか、色々考え日本人に好まれるネイルの形をスカルプチュアで作れるようにするために試行錯誤を繰り返し、1987年に爪の形を美しい形に矯正するCカーブチップを考案し特許を取得したのです。
 
そして、
サロンでお客様に提供すると、そのお客様たちの働き先や行き先で爪が話題となり、全国から「スカルプをしたい」お客様が増えサロンの予約は日々いっぱいになっていったのです。
お客様からは「今日マリアールの爪を地下鉄で見たよ」とか、「キレイな爪で良いね、自分の爪でしょ?」って言われたの〜と言ってくだささり、嬉しくてさらに技術を進化させ「丈夫・早い・キレイ」を叶えるネイル技術を完成させていきました。
マスコミに取材を受けることも多くなり、ネイリストという職業があることが少しずつ世の中に広がっていきました。
そのため、マリアールは30年以上に渡るネイルサロン現場技術をカリキュラム化し、プロとして働くためのネイリストを養成してきたのです。
1997年ネイリスト技能検定試験がスタートしました。
マリアールが出来て12年後のことです。
それは、”ネイリストが働ける”そして”活躍できるネイルサロンの現場”があったからこそ、ネイリスト協会ができ、さらにネイリスト技能検定試験を行うことでネイル技術の安全と衛生、技術の向上を図りネイル業界の発展につながり、​現在は公益財団法人日本ネイリスト試験センターとして、ネイリスト技能検定試験が行われています。
マリアールは、2010年と2015年にNPO法人日本ネイリスト協会より2度功労賞をいただきました。
2017年度はアメリカから、ネイルケアのパイオニアであるジェシカバルトギアン女史が同時に表彰されました。
 
マリアールはネイリスト協会設立時より認定校となっていますので、最短でネイル資格取得を叶えるだけではなく、ネイルサロンの現場技術も学び、自分のお店を持ち成功するための夢を叶えるお手伝いができると思います。

実際のネイルサロンには様々なお客様が来店されます。

ジェルネイルやアートを希望される方だけではなく、『深爪』『横から亀裂が入っている爪』『二枚爪』『縦ジワ』『乾燥して伸びきった甘皮』など改善しないとジェルネイルができない方や、足の爪では『巻き爪』などで困っている方も多くいらっしゃいます。

どんなお客様の爪でも改善して綺麗にできるカウンセリング知識や技術が実際のネイルサロン現場では必要なのです。

当校は30年以上の経営を続ける直営ネイルサロンがあるため、ネイリストにとって本当に必要な知識や技術、さらに今のネイルトレンドジェルデザインも同時に学ぶことができるのが強みです。

 

ネイルの奥深い基礎力と、幅広い技術、カウンセリング知識も身につけ、どんなお客様にも対応できる『爪の専門家』としてのネイリストを育成しています。

スクール見学にぜひ一度お越しください。

ネイリストの将来性や、収入について、どんな働き方があるのか、スクール選びに迷っている方にとってもお役に立てるようにお話をさせていただきます。

スクールに通うかどうかは、その後ゆっくり考えてください。

お会いできればとても嬉しいです。

学院長 木野まり

スクール紹介​
その他ご案内
提携先関連会社
​連携サイト
採用情報
当ホームページに記載されている全ての内容・画像の無許可転載・転用を禁止します。​