マリアールネイルアーティスト学院 
学院長ごあいさつ

マリアールはネイリスト協会設立時より本部認定校となっています。
最短でネイル資格取得を叶えるだけではなく、サロンで必要となる実践的技術も学び「将来、自分のお店を持ちたい方」「ご自宅に訪問する出張ネイリスト」「美容室やネイルサロンで働きたい方」にとっても、お客様に選ばれる技術を身に付けられ職業としてのネイルが身に付くスクールです。

ネイルスクール本部認定校マリアールネイルアーティスト学院 学院長木野まり

木野まり
・株式会社マリアール
 
代表取締役
JNA常任本部認定講師
・衛生管理指導員
・JESSICA
 
マスターエデュケーター
・シャイニージェル
 
エデュケーター

マリアール
ネイルアーティスト学院

この度はマリアールネイルアーティスト学院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当校は1985年ネイルサロンを母体にスクールを開校しました。

当時、実際にサロンをオープンして感じたことは、アメリカネイルが主流だった時代でしたので、日本文化の違いや好みの違いなど、様々な点において変えなければならないと言うことでした。

全くないところからサロンを運営していく中、手先の器用な日本人がネイルサロンを利用してもらえるのか?日本にネイルの習慣が根付くのか?それは試行錯誤の毎日でした。

その後、様々な経験を積む中で生まれたのは、爪の形を美しい形に矯正するCカーブチップでした。それは瞬く間にサロンの人気技術の一つになり、1987年に特許を取得することができました。

それが話題となり、全国からお客様が増えサロンの予約は日々いっぱいになっていきました。


マスコミに取材を受けることも多くなり、ネイリストという職業があることが、少しずつ世の中に広がっていきました。

それから、1997年にネイリスト技能検定試験がスタートし協会設立時より認定校となり、2010年と2015年に2度ネイル業界において多大なる貢献があったものとして功労賞をいただきました。

マリアールは30年以上に渡り、ネイルサロンとスクールを運営し続けていること。それが他にない知識と技術となり、スクールの卒業生が活躍できる基盤となっております。

ネイルの奥深い基礎力と、幅広い技術、カウンセリング力も身につけ、どんなお客様にも対応できる『爪の専門家』としてのネイリストを育成しています。

スクール見学にぜひ一度お越しください。
ネイリストの将来性や、収入、どんな働き方があるのか、スクール選びに迷っている方にとってもお役に立てるようにお話をさせていただきます。

お会いできるご縁がいただければ幸いです。

学院長 木野まり