​『トラブルネイルとは』

ネイリスト協会初代認定校として実績30年以上、人気サロンネイル技術が身につくネイルスクール​
​マリアールネイルアーティスト学院

最近のネイルサロンメニューではジェルネイルがメインとなっているお店が大変増えているため、ジェルやアートをメインで行っているのが、”ネイルサロン”だと思われている方も多いのではないでしょうか?


 しかし爪のトラブルのためジェルネイルやアートをすることが出来ない方も大変多いのが現状です。
「横から亀裂が入って割れている爪」「縦に割れている爪」「深爪」「噛み爪」「縦ジワや凹凸」「変形」
「血色が悪い」「変色」「伸びきった甘皮」「ささくれ」「手足の巻き爪」など、サロンに来るお客様は
爪のトラブルで悩まれている方も多いのです。


 このような方がネイルサロンに相談に来られたらどのように改善して差し上げれるでしょうか?



 当校の母体であるマリアールはネイルサロンが始まりでした。
 ネイルサロンには爪の悩みを相談されに来るお客様もたくさんいらっしゃいます。





ある時のこと、40代で小学4年生頃から爪が変形してしまい原因は不明とのことで、病院に行って治療しても
全くよくならなかったという方がお見えになりました。


その方は皮膚科で「最近、ネイルサロンというところがあるようなので行ってみたらどうですか?」と
病院から紹介され来店されたお客様でした。


病院では、感染症や爪の病気で変形した訳ではないということでしたので、これまでの経験で必ず良くなると確信しました。​​




まずお手入れ法として、健康な爪にするためにはネイルケアが必要になりますので、ネイルケアとともに血行を促し爪に栄養が行き届くように、”パラフィンパック”を施しました。

さらに変形したところがわからないようにスカルプチュアネイルで本来の爪を想定して造形し、変形が全くわからない状態にしてからカラーリングをして仕上げました。



本当に見違えるように綺麗にすることができ、
仕上がった爪を見たお客様の『喜びの涙と笑顔』が今でも忘れられません。



サロン経営の長い歴史の中で、たくさんのお客様の爪を健康な爪に改善してきたことで得られた知識や技術を授業に取り入れていますので、「実践で活躍できる本当のサロンワークができるネイリスト」の育成に力を注いでいます。



当校が考えるネイリストとは『爪の専門家』です。
ジェルネイルやネイルアートができるのはもちろん、トラブルネイルを綺麗にできる知識と技術を身につけたネイリストを育てること!それが当校の理念です!

深爪矯正施術ビフォアアフター
様々なトラブルを抱えたネイルを改善します