ジェルネイル検定中級の試験内容を分かりやすく解説!第一課題免除ってどういうこと?本部認定校で受験するジェルネイル検定について

更新日:2021年10月14日

本記事では、ジェルネイル検定中級の試験内容や、受験の仕組みを分かりやすく解説致します。 ジェルネイル検定中級では第1課題と第2課題の実技試験と筆記試験があります。 本部認定校であるマリアールネイルアーティスト学院で開催するジェルネイル検定中級試験ではとある条件を満たしますと、実技試験の第一課題免除が適用されます!(当校のほとんどの生徒様が活用されています。)


そもそもジェルネイル検定とは・・・?

NPO法人日本ネイリスト協会が主催する資格試験の一つです。ネイルの正しい知識と安全な技術の確立を目指すNPO法人日本ネイリスト協会では、お客様が安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的に、ジェルネイル技能検定試験を実施しています。 ジェルネイル検定ではプロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な理論と技術の修得を問うものです。


ジェルネイル検定中級とは?飛び級はできるの?

結論から言うと、飛び級は出来ません。 ジェルネイル検定は初級・中級・上級の3段階に分かれています。 初級の受験資格は『義務教育を修了している方であれば、どなたでも受験出来ます』とされています。 中級は初級の合格者が、上級は中級の合格者が受験できるようになっておりますので、 ジェルネイル検定上級を取得したい方は初級から順に受験をする必要があります。


ジェルネイル検定中級の合格基準

ジェルネイル検定中級の合格基準は、筆記試験は100点満点のうち80点以上、実技試験は100点満点のうち70点以上で合格とします。


ジェルネイル検定中級を合格したら

ジェルネイル検定中級を合格すると、合格者にはネイリスト協会から合格証(ディプロマ)と資格バッジが授与されます。


ジェルネイル検定中級免除制度について

ジェルネイル検定中級はネイリスト技能検定試験(JNEC主催)の2級以上を取得することにより実技試験第