• 木野まり

JNA認定校会議のもよう


今日は、ネイリスト協会認定校会議でした

第1部は

「コンテストや検定の対策セミナー」

ネイルケアの方法や、カラーリング方法など、

右手パールホワイト仕上がり

こちらは検定でのポイントをお話いただきました。

ポイント

まずは、モデル選びが重要と言うことでした。(爪の形、肌の色(色白)なども)

まっすぐな指でネイルプレートの長い、キューティクル、イエローラインが丸みがあって10本整っているなどです。

1.キューティクルはしっかりとケアしておく

  しっかり際まで塗るためには重要!

2.ムラになりにくいカラーを選択

  他の講師が言っていましたが、ジェシカがおすすめらしい。

  マリアールでは、ジェシカの資格も取得できるので、

  ずっとジェシカを使用していますが、、、良かったゎ〜

3.キューティクル際にたまりを作ってそれを引く感じに塗るのが1回目塗りで、

 (少したまりの跡が残る)

4.2回目はたまりを作らないで、端から端までストローク。

[仕上がり写真です]


次は、

コンテクト用のフレンチ塗りです。

ポイント

1.土台の爪はリペア10本OK!なので、爪の表面の形、長さなど、スカルプで修正。

  使用していたパウダーは、フルーリアのアイボリーをフリーエッジに、

  クリアーはイージーパウダーでした。

  イージー珍しい、、と言うか懐かしい、

  マリアールでは、10年位前はサロンでもずっとイージーを使用していました。

  なんでイージーなのか聞けなかった。

2.このモデルさんは小指外側側面が少し丸みがないと言うことで、

  スカルプで足して作っていました。

3.そして、フレンチ塗りです。手が綺麗に見えるカラーの選択ベージュピンク、

  2色使用。

  1色目は濃度は少し濃いめ、2度目はさらっとしている感じに薄め液を入れて調節。

4.ホワイトは、3本使用。

  1本目は薄めの色でトップエンドからラインを取りなが爪の3分の2程度まで塗り、

  反対側も同様に塗る。

5.2本目は濃いめでもう一度ラインをなどる感じに、

6.薄めた色でムラなどを修正

と、こんな感じです。

表面を塗るときに1本の爪に10回以上、キューティクルから先端までストロークをたくさんして塗っていました。

私の感想

『いろんな塗り方があるのだなと思いました。』

仕上がり写真



#ネイルコンテスト仕上がり #コンテストフレンチ仕上がり #検定パーホワイト仕上がり #ネイルコンテストポイント #ネイル検定ポイント #パールホワイト塗りポイント #パールホワイトの塗りコツ #フレンチ塗りポイントコツ #マニキュア塗りが上手くなるには #ネイル学校 #ネイルが楽しい #カラーリング #フレンチネイル #ネイリスト検定2級塗りパールホワイト

0回の閲覧
スクール紹介​
その他ご案内
提携先関連会社
​連携サイト
採用情報
当ホームページに記載されている全ての内容・画像の無許可転載・転用を禁止します。​
instagram 透過.png
@mari.art_school