トレーニングハンド ネイル試験(1級、初級、中級、上級)

新型コロナウィルス感染症対策として、「人(モデル)への施術」ではなく、「トレーニングハンド」(手のマネキン)での受験が続いております。 ネイリスト協会では「期間限定措置」とされておりますが、昨今の情勢を考えますと、しばらくトレーニングハンドでの試験実施が続くと思われます。 ネイリスト技能検定試験 1級のトレーニングハンド規定


・1級実技試験はトレーニングハンドのみの受験とします。  ※モデル同伴での受験は出来ません。 1. 1人2個、下記の条件のトレーニングハンドをワンセットで使用すること。 ①右手用、左手用をそれぞれ1個ずつ ②右手用を2個 ③左手用を2個 「右手」「左手」が分かるようにトレーニングハンドの手首(手の甲側)の位置に「右手」「左手」と記載 した品名ラベルを貼付するか、または黒マジックで事前に記入すること。 もし、試験中に品名ラベル がはがれた場合は貼り直しをすること。 審査開始時に黒マジックでの記入がされていない場合や品名 ラベルが貼られていない場合は減点。 2. トレーニングハンドは、キューティクル周りに著しい汚れ、傷など(審査に支障をきたすようなもの)がついて いない清潔なものを使用すること。 3. 既製品にあらかじめ加工されているもの以外に、自分で文字や線、目盛などを記入したトレーニングハンド を使用した場合は失格。 4. トレーニングハンドを固定するためのアームや吸盤などは使用不可。 5. 手首部分に「左手」「右手」の表記やラベル貼付をするため、手首部分があるものを使用すること。 指の部分が着脱可能なトレーニングハンドは使用不可。

ネイリスト検定1級|ネイリスト検定|ネイル資格|ネイル検定|トレーニングハンド
ネイリスト検定1級|ネイリスト検定|ネイル資格|ネイル検定|トレーニングハンド


#札幌ネイル#ジェルネイル#ネイルセミナー#ジェルネイルセミナー#セルフネイル#サロンワーク#ネイル検定#ジェル検定#3級